2010年9月13
日 第80回オンライン世論調査中間発表

「オンライン世論調査  民主党代表選」 


民主党代表選の投票権があったら、あなたはどちらに投票しますか?
菅直人
28.3%
小沢一郎
59.2%
白票・棄権
12.4%


民主党支持者のみ

菅直人
23.8%
小沢一郎
75.4%
白票・棄権
0.1%

その理由を教えてください。

次期首相は誰を希望しますか?
民主党代表
66.2%
みんな代表 渡辺氏
8.4%
自民党代表 谷垣氏
8.2%
国民新党代表 亀井氏
2.0%
共産党代表 志位氏
1.9%
公明党代表 山口氏
0.8%
社民党代表 福島氏
0.6%
その他
11.6%

その他で挙げられた人
 







基礎データ (2010.09.03~2010.09.13)結果発表

  回答数   1,857票 (男性89.7%・女性10.2%) 
  年代    別表参照 
  地域    別表参照
  調査方法 インターネットによる自主投票のみ


内閣を支持しますか? 支持率 31.4% 不支持率 66.2%
  
今回
前回
支持する
14.8%
17.7%
どちらかというと支持
16.6%
23.1%
わからない
2.1%
3.0%
どちらかというと支持しない
13.2%
13.9%
支持しない
53.0%
41.9%
あなたの支持政党は?
  
今回
前回
民主党
39.2%
26.8%
支持政党なし
31.6%
32.0%
自民党
10.2%
12.1%
みんなの党
5.4%
9.0%
共産党
3.0%
5.3%
社民党
2.2%
2.7%
公明党
2.1%
4.4%
たちあがれ日本
1.9%
2.1%
国民新党
1.4%
1.7%
新党日本
0.6%
1.0%
新党改革
0.1%
0.3%
政党助成金に基づく政党
あなたが、政権を持って欲しくない政党は?
  
今回
前回
公明党
33.6%
36.4%
自民党
19.8%
17.7%
共産党
15.0%
14.6%
社民党
7.1%
6.7%
民主党
6.2%
8.4%
みんなの党
6.2%
3.8%
新党日本
4.3%
2.9%
国民新党
0.2%
0.5%





  • コメント (17)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://local.election.ne.jp/tb.cgi/11763

コメント

社会人としての常識として、1.他人を誹謗中傷する人間は品性を欠き、リーダー、管理者の素質なし2.リーダー・管理者は信念・理想を追究する姿勢が何より重要3.危機を乗り越えるリーダーは、日和見主義(チェンバレンのような)でなく、チャーチルのようなリーダーが必要不可欠。
4.小沢氏の威風堂々たる姿勢こそまさにリーダー5.日本の改革の鍵が、事業部制ならぬ地方分権と権限委譲。以上のことを多くの男性・女性が
りかいしている。マスコミの、女性・家庭にいる男性が菅支持かもしれぬが、企業で働く男女は、
社会経験から、以上の5点を学習している。

  • Posted by 森田 弘光
  • at 2010/09/13 20:16:49

ここの世論調査は、まったく信用できない。

一般的な世論調査とあまりにもかけ離れている。

  • Posted by 民主党支持者のひとり
  • at 2010/09/13 20:27:22

今回の結果は非常におかしいです
一般の常識より違うものになっており
かなり偏向されて集計したと思われる
このオンライン調査でもって
次回より不参加とします何かおかしいです。

  • Posted by 藤原 亨
  • at 2010/09/13 22:01:13

マスコミは、自分たちの考え、すなわち視聴率を稼ぐために報道を行っていることを、皆さん忘れてはいけません(スポンサーがいますので)。ここの世論調査は私の目から見てあながち間違っているものだとは感じません。今の日本国民の考えが反映されているものだと考えます。

  • Posted by 日本国民のためにがんばれ小沢一郎!
  • at 2010/09/13 23:37:38

「井の中の蛙、大海を知らず」。大きな井戸ではありますが、新聞・テレビの情報しか得られない人はアンケート結果に当然違和感を持つでしょうね。一度井戸の外の世界もみてみるべきですね。見た瞬間に世界観が変わります。私もそうでした。

町内会などのトップを決めるわけではないので、政治家たちの好き嫌いで選ぶのではなく我々の生活を良くしてくれる人を選出すべき。政治とカネは国民の信頼を失う問題だが、この事の責任説明を追求して景気が良くなるわけでもない。

  • Posted by シリウス
  • at 2010/09/14 09:18:21

調査に参加した人が、能動的か受動的で調査結果が違うでしょう。政治に興味のある人は能動的に調査に参加するでしょう。このサイトのように。
総選挙などでは無作為では政治に関心の無い人まで参加します。私がAKB48に投票するようなものです。

  • Posted by シリウス
  • at 2010/09/14 09:32:54

8月中旬までアンチ小沢でしたが、ほとんどの新聞テレビの執拗な小沢バッシングに、報道の異常性を感じ、マスコミの宣伝により日本国民が第2次大戦にかりたてられたことを思い出しました。自分で政治と金問題を調査した結果、マスコミ報道は事実を正確に伝えておらず、イメージにより、小沢氏を悪人扱いするものであるとの結論に達しました。その背後には、記者クラブの利権問題・官房機密費の言論と金疑惑があり、小沢政権でこれが公開されるとマスコミにとって、大きな痛手となるからです。それを隠すために必死の報道で国民をあざむいています。
公開討論会、演説会による、菅氏の信念のなさ、政策のなさ、人格攻撃にはあきれました。これでは菅氏は支持できません。小沢氏は、人格攻撃をせず、政策、信念が素晴らしかった。まさに総理の器です。
私は、小沢信者となりました。

  • Posted by 旧小沢嫌い
  • at 2010/09/14 11:55:21

小澤さんなら過去に国民が失敗した以下の様な総理大臣とはならないと信じています。

以下↓本文拡散
投稿者 直人 日時 2010 年 7 月 28 日 01:13:52: CaGwYxWaGaQzs 
小泉元首相の真実 その3 ーいかに馬鹿かー
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ca1a.html 
【週刊現代 2005/12/24号 巻頭記事】
タイトル: 栗本慎一郎「パンツをはいた純一郎」より抜粋 
「私たちが慶応に入学したのが'60年安保の翌年ですから、高校時代に反対闘争に加わって浪人した連中も多かったのですが、彼は社会運動には何の興味も持っていなかった。  でも、彼にはもちろんそんな根性もない。小泉は横須賀の自宅からしょぼしょぼ通ってきていました。 
 彼とは2年間、同じクラスでした。というのも、彼は単位が足りなくて3年に上がれず、そのままロンドンに留学したからです。もっとも、私らは誰も気づきませんでした。クラス委員の私にも届けがなかったし、彼は2年の後半は大学に来ていなかったので、誰もいなくなったことに気づかなかったくらいです。一人寂しくロンドンに旅立ったわけです。」 
 小泉首相が公表しているプロフィールでは、慶大卒業後、'67年にロンドン大学に留学となっている。栗本氏の証言が正しければ、'63年に留学したごとになる。同級生たちはみな'63年渡欧と思っている。今回、本誌は小泉事務所に事実関係の確認を求めたが、締め切り日までに回答はなかった。 
 小泉首相はロンドン大で通常の単位を取得しておらず「留学」という経歴が詐称ではないかと国会で追及されたこともある。 

小泉は通常の意味で、とにかく頭が悪かった。本当は頭がいいんだけど、成績が悪いといったパターンがありますが、彼の場合、ただわかんないだけ。 理解カゼロなんです。 
 彼がいかに頭が悪いか。私が'95年に衆議院議員として自民党に入党したときに、一時期彼の『押し掛け家庭教師』をやったことがあります『金融市場をどうするのか』、『戦後の日本経済のなかで、現在はどういう位置にあるのか』、そういったことについて、すでに名の知れた若手リーダーなのにあまりにとんちんかんなので、教えてやろうということになったわけです。 
 それで、最初は私がやったのですが、あまりにダメなので、懇意にしている別の有名教授に応援を頼んだ。先生と生徒があまり親しいとうまくいかないことがある。それを心配したのです。
 それで某教授を呼んで、
『ひょっとしたら総理になるかもしれない男なのに、こんなんじゃ困るから』
と依頼したのです。 
 某教授も小泉がそんなバカとは知らないので、日本のためにと、やってきた。でも、講義は、まったく前に進まない。しかたがないから、私が司会のように横についた。『これは○○のことを話しているんだよ』と、解説した。家庭教師に司会が必要だったわけです。 
 ところが、それでも話が進まない。私がそばにいるせいで格好つけているのかと思って、行きたくもないトイレに立って席を外してみました。しかし、戻ってきても進んでいない。結局、3時間ほどやって諦めました。 
 後で某教授に『どうですか』と聞いたら、『ダメだねえ』と言って困ってました。  
そして彼がこう断じたのです。 
『これがわからないとか、あれがわからないということじゃなくて、問題がわかっていない』
 
 小泉は採点のしようがないぐらいバカだというのが正しい評価です。 
前首相の森喜朗さんも頭が悪そうですが、彼は、自分がわかっていないことがわかるようだ。だからぅ森のほうが少し上です。 
なぜ郵政事業をこれほどまで犠牲を出しつつ民営化しなければならないか、何度小泉の演説を聴いても単純すぎてさっぱり理解できない。 
民間のできることは全部民間でと言うのなら、道路公団についてなぜあんなに適当にやるのかわからない。 
彼は郵政民営化について、中身はせいぜい5分しか話すことができないのです。
何十年とそればっかり考えてきて、5分しか話せないんですよ。これは問題でしょう。
 
ところが、テレビに出るときは5分で十分なんです。 
発言が放映される時間は、せいぜい5分ですから。 
しかし、議論はまったくできない。だから、突然の断行強行になってしまうのです。 
私は、一、二度、彼と二人だけで新幹線に乗りました。東京から京都まで、あるいは大阪まで、隣に坐ったわけですが、あれほど退屈な時間はなかった。 
彼はとにかく普通の話ができない。
議員同士の世間話をしても、前日の国会の話をしても10分で終わってしまう。 だからしょうがない。 二人とも寝るしかない。
 
 小泉の発言は明確だと言われますが、真相は長いことを喋れないから、話が短くて明確そうに聞こえるだけです。話がもたないから、すぐ結論を言ってしまうわけです。」

  • Posted by seigino-mikata
  • at 2010/09/14 15:19:54

この結果は、当然と思う。マスコミの新聞や既存の放送メディアに振り回されなくなった結果でしょう。
小澤さん批判の政治と金の問題も以下のことを読んでもらえば判ってもらえます。

以下↓
政治と金の問題:「虚偽記載による起訴は不当であることが全て解明できました。」 

2004年10月29日に小澤一郎個人で仮登記の受付がされていることから、2004年においては、小沢さん個人のお金で、小沢さん個人が土地代金を支払いして、それを2005年1月7日に小澤一郎個人で本登記した後、土地利用権を陸山会に移譲する契約をしたことが判明しました。
従って、石川氏の会計処理は『期ズレ』さえなく、全て正しかったことが証明されたのです。

 上記のような事実確認は、法務局・銀行・不動産会社・石川議員事務所等に聞けば容易に解かることです。

 しかるに、「期ズレ」だの、「土地購入後に4億円集めて定期預金にした」だの、「その陸山会名義の定期預金を担保に銀行から4億円借入れた」だの、「その理由は資金繰りのため」だの、「これら一連の作業を10月29日午後の、たった3時間でやった」だの、フツーに、常識で考えれば、おかしいと気がつくハズの事柄が、ジャーナリストや公認会計士等各方面のプロ達が、これらを確認もせず、間違った或いは確定していない事象を前提とした意見を、今もって記事にされています。
(気がつくハズの事柄は、後述します。)



 どんな正しい主張を述べても、これらの事実無根の他愛もない無知成るが故の発言がひとつでもあると、その主張の全てが信用されなくなってしまうのではないでしょうか。

今もって、正義を無視した報道やらコメントやらを目にするにつけ、あまりにも悲しいことだと思い、素直にまっすぐに物事が見れる者として、この事件の報道のおかしいと思う所の全てを明らかにしたいと思います。
今後は、真実のストーリーと確証にたる事実を明らかにした上で、記事にするなり、主張するなり、してくれることを希望いたします。

これから述べる内容で、プロの方達の勘違いや調査不足等と思える、とんでもなく間違った意見等により大変な誤解を招いてしまっていた事柄や、今までの疑問や、ホントのストーリー等等が、全て明らかに成られることを期待しております。

今後の報道等や、世論や、議論が正しい方向に向かうことを願っております。

以下、登記の記録等を根拠とした私の推測したストーリーを述べます。
(『』内は、登記記録の内容より抜粋)

① 2004年10日5日
『原因 平成16年10月5日売買予約』ということから、小沢さん個人の定期預金を担保に銀行に4億円の融資申し込み(返済期限2007年)を行ったと推測します。
(銀行への融資申し込みには、正当な理由が必要です。)

② 2004年10日29日午前中
小沢さん個人として土地代金を3億4200万円(推定)を支払った。
(銀行の融資が降りるのが遅れたため、小沢さんの個人資金より支払う。)
『登記の目的 所有権移転請求権仮登記 受付番号 平成16年10月29日 第77290号 権利者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で仮登記の受付をしたことが明らかです。

③ 2004年10日29日午後
小沢さん個人に降りた融資金4億円は、そのまま陸山会に貸し付けた。
陸山会は、これを2億円の定期預金2本として組んだ。
陸山会は、2004年の収支報告書に「(収入)借入金_小澤一郎 4億円」と「(負債)借入金_小澤一郎 4億円」と「(資産)預金等(定期預金を意味します) 4億円」を記載した。

④ 2005年1月7日
『登記の目的 所有権移転 受付番号 平成17年1月7日第695号 原因     平成17年1月7日売買 所有者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で本登記し、登記料・登記手数料等を業者に支払ったことが明らかです。
土地利用権を陸山会に移譲する契約をすると共に、陸山会は土地代金及び登記料・登記手数料等相当額の3億4264万円を小沢さん個人に支払った。
陸山会は、土地代金相当額に登記料・登記手数料等の付随費用を加算した金額3億4264万円をを取得原価として、2005年の収支報告書に「(支出)事務所費」と「(資産)土地」に記載した。

⑤ 2005年中
陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小沢さん個人に返済した。
陸山会は、2005年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。

⑥ 2006年中
陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小沢さん個人に返済した。
陸山会は、2006年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。

⑦ 2007年中
小沢さん個人は、銀行の返済期限が到来したので、2005年と2006年に陸山会から返済を受けた4億円を原資として、銀行に返済した。これにより、定期預金の担保が取れて定期預金証書の返却を受けたので定期預金を解約した。

以上のストーリーが正しければ、2004年~2007年迄の収支報告書の内容は一点の曇りもなく、全て、完璧に、正しく記載されていたことになります。

 これじゃあ、石川議員は堪ったもんじゃないですよ。

『おまえらの、やっていることは、全部、マルっと、お見通しだァー!!!』

【気がつくハズの事柄とその理由】
◆期ズレ
2004年に不記載で2005年に虚偽記載という論法は、2004年に記載することが正しいということを前提として成り立つものであり、しかも、これは不記載とか虚偽記載とかの問題ではなく、2004年に記載するのが妥当か、2005年に記載するのが妥当かという記載時期の適切性の問題であります。

しかるに、論法のプロであるジャーナリスト達が誰1人として、今の今迄、これに気が付かないとは、奇妙としか思えません。

また、起訴相当にしても、虚偽記載が立件され有罪と確定して初めて共謀うんぬんが言えるのであり、これもまた、奇妙としか言いようがありません。

他にも、ワイロを受け取ったという証明が出来て、初めて、そのお金が不記載である(虚偽記載)と言えるのであって、本件の虚偽記載というのは、本来は贈賄罪の余罪としての位置付けであります。
その余罪である虚偽記載を理由に、先に逮捕起訴して、4億円の内に水谷建設からのワイロが5千万円含まれているのではないかとの憶測だけで、家宅捜査まで行うとは、こんなことが、どうして許されてしまうのか、これまた、奇妙としか言いようがありません。

 このように、本件の奇妙な所は、間違った或いは確定していない事象を、あたかも、確定した事実のように扱い、それを前提として実際に起訴までされていることです。

◆10月29日午後の出来事
 「土地購入後に4億円集めて、それを定期預金にして担保とし借入した。」
 まず、これら一連の作業を、たった3時間で出来る訳がないことぐらい常識で解かりそうなものだと思うのだが。
4億円もの大金は、たとえ定期預金を担保でも、そう簡単に貸してくれるもんじゃないのですよ。銀行へ融資申し込みをしてから実行されるまで数週間かかるのが普通ですね。従って、融資申し込みは10月29日より、ずっと以前に行われていたと理解して下さい。

 もし、資金繰りの為に、これら一連の作業を行うというのであれば、バカとしか言いようがない。集めた時点で、目の前にある現金を、そのまま使えば良いことでしょ。担保にした定期預金の証書は銀行に差し入れしているので、2007年に4億円を返済するまで解約できませんよ。
 では、何故こんなややこしいことをするのかと言うと、陸山会では4億円の融資枠が無いため借入ができず、小沢さん個人名義の定期預金を担保として小沢さん個人名義で借入するしかなかったと考えられます。それに、この方法なら、陸山会にマタ貸しすることにより、陸山会が直接銀行から借入したのと同等の効果がありますからね。
 同等の効果というのは、例えば、金利の計算・管理などは銀行がやってくれるので、毎月、小沢さんが支払った金利相当額を陸山会は小沢さんに支払うだけなので、金利計算等の煩わしい事務処理が省けるということです。

◆会計のプロ達等の間違った意見
 法四条の解釈では、2004年に土地代金である支出は計上すべきであり、資産である土地計上は翌年でも良いなどという意見ばかり見かけたが、収支報告書は単式簿記で作成しているから、支出の計上モレが容易に発生するのだという誤解をしているようなので、これは、まったく間違った考えだということを述べることとします。

収支報告書は、現金と普通預金の次年度繰越額が容易に計算できます。従って、年末に行う現金実査と銀行残高証明書により、収入・支出の計上モレがあれば、すぐに発覚し、計上モレが生じる事はありません。

従って、仮に土地代金が仮払金であろうと前払金であろうと、ちやんと記載されることとなります。ただし、この場合には、仮払金の計上はしない事となっているので、土地代金である3億4200万円(推定)もの金額の使途が不明となってしまい、これは、業務上横領とみなされても仕方ないこととなってしまいます。してみると、逆に単式簿記の方が、その会計事象が現金主義的に確定しないと計上できないというキビシイ面があると言っても良いかもしれません。

 このことが理解できれば、2007年に小沢さんに4億円を返済したのが不記載だという検察の主張は、おかしいぞ、とプロなら、なおさら気が付くハス゛なのになァー。
 だって、2007年の総収入額をみれば、3億4200万円(推定)もの金額の返済が計上モレということは、計上したなら、現金と普通預金の次年度繰越額が、マイナスとなってしまうではないですか。隠し金でもない限り、実際の返済もできないわけだし、いや、隠し金があったら、もっとヤバイでしょ。

【現金と普通預金の年末残高の計算式】
前年繰越額+本年収入額-支出総額=次年度繰越額
次年度繰越額-預金等(定期預金を意味する)=現金・普通預金繰越額

【2004年の収支報告書より】
151,229,466+580,024,645-121,202,731=610,051,380
610,051,380-471,500,000=138,551,380
【2005年の収支報告書より】
610,051,380+339,099,635-679,964,189=269,186,826
269,186,826-256,500,000=12,686,826

ね、石川氏のように、ちゃんとまじめに正しくやっていれば、不正などできないでしょ。  

  • Posted by seigino-mikata
  • at 2010/09/14 15:28:35

<民主党代表戦の結果>
          菅:小沢
党員・サポーター票 249:51
    地方議員票 60:40
    国会議員票 412:400
       合計 721:491

この結果との差を比べれば、ここの世論調査は世論を反映してないことが分かる。

この結果を「ここに来るような政治に関心の高い人ほど小沢さんを支持している」と分析する人もいるが、そもそもわざわざ党員になっている人はそれなりに政治に関心があるだろうし、地方議員、国会議員票でも菅さんが上回っている。ここの調査結果と実際の選挙結果との圧倒的な差はどこから来るのだろうか?

そもそもここの世論調査に協力した人はどんな人だろうか? どこからこのサイトに辿り着いたのだろう? ここにリンクしているサイトはどのようにここを紹介しているのだろう?

代表戦結果の党員・サポーター票が議員票に比べて圧倒的に菅支持に傾いているのは、マスコミによる思考誘導の結果と思われる。逆にここの調査には小沢支持への思考誘導が働いてはいないだろうか?

マスコミが必ずしも中立・公正でない事は確かだ。だからといって、ここの結果が中立・公正であるとはとてもいえない。ここの調査結果を持って「賢明は人は小沢さんを支持している」とするのは、著しくバランス感覚を欠いている。

  • Posted by &
  • at 2010/09/14 20:12:39

毎度のことだけど、このサイトの世論調査結果はあまりにも偏っている。
まるで、ネット上での世論の動向引張ってるかのよう…
誰かの意図があるかのように…
今後、運営方法を考え直さないと、信用を失うと思う。

  • Posted by U
  • at 2010/09/14 22:49:25

菅さんオメデトウございます。
年度末の行き詰まるまで、がんばってください。
ところで、古い話を繰り返し投稿していますが、また小澤さんの政治と金の問題を下記の通り分析している文書がありますので、ちょっと長いのですが拡散します。
以下↓
『検察の息の根を絶つ!』陸山会は、『たった12万円の表献金』までも、『水谷建設に突き返していた!』総集編

投稿者 素直にまっすぐに物事が見れる者 日時 2010 年 6 月 30 日 16:49:10: 
 
今回は、『検察の息の根を絶つ!』⇒の意気込みで書きます。 
 (かなり長文ですが、後々、辞書代わりに使ってほしいと思います。) 
 冒頭、申し上げておきたいことがあります。
 『虚偽記載』容疑で逮捕しておいて、起訴の段階で、『起訴事実は公判で明らかにする』などと言い、公判前整理手続き中の6月16日には、『やっぱり、「裏献金」5千万円を立件する』と言い、このような公訴権乱用の暴挙を許してしまったということは、もはや、日本国は、検察の支配下に置かれているということを認識すべきです。 
 このような状況下での参議院選挙で、何が生まれるのか、空恐ろしい気がします。 
◆◆◆【収賄容疑は不当であるとする根拠】 
◆◆【「裏献金」を受け取る動機が無い】
 平成18年分(2006年)の収支報告書に「(その他の経費)返還金 \120,000 水谷信夫」との記載がありました。それと、もう1件だけ、同じ三重県桑名市の川村尚という人物にも、同額が同じ平成18年9月に返還されていました。(2004年と2005年の返還については、官報である為、確認不能)
 調べて見ると、問題の2004年と2005年に、両氏からの寄付として12万円ずつが入金しているでは、ありませんか。 
 つまり、陸山会は、2004年当時から、水谷建設を「ブラックリスト」に載せていたと思われます。
 そして、たとえ、水谷建設関係者からの「表献金(個人献金)」であっても、丁重に『突き返す』ように指示していたと言うことが、窺えるのであります。 
 これほど、水谷建設を警戒していた最中に、『水谷建設からの「裏献金」を石川氏にホテルで手渡した』などと言われても、その、信憑性は、まったく無いのであります。 
 また、別の観点から考察すると、2004年の「現金預金の次年度繰越額 610,051,380円」を見ても解かる通り、当該5千万円が無かったならば、当該土地の購入が出来なかったとは、到底言えない状況であり、「裏献金」を必要とする動機が、まったく、見当たらないのであります。 
 ちなみに、検察様のおっしゃる通り、4億円も不記載ということになれば、10億1千万円以上の現金預金が年末にあったことに成っちゃったりする訳で、益々、「裏献金」を必要とする動機が無いことに成っちゃうんだよね。これが。(大笑) 
  検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。 
◆◆【物的証拠が無い】
 水谷建設(三重県桑名市)からの「裏献金」5千万円について、10月18日に陸山会の口座に同額が振り込まれたと言っているが、石川氏にホテルで手渡したとされる5千万円が、石川氏により入金(振込)されたとは、言っていないということに留意すべきです。 
 どこから振り込まれたのか、ウソなのかは、『現金・預金出納帳』を見れば、即座に、明らかに成ることです。もし、石川氏が入金していたのであるならば、とっくの昔に、贈賄罪として逮捕・起訴していたことでしょう。 
 もし、『現金・預金出納帳』に記録が無い場合には、可能性として考えられるのは、石川氏が横領している場合しか考えられないので、その場合には、検察は、2004年当時に、物的証拠である、当該5千万円の札束を証拠品として押収していなければ成らないのであって、押収していないのであれば、正当な逮捕理由も物的証拠も無いまま逮捕したことになり、これは、不当逮捕です。 
 だいたい、映画『マルサの女』でも解かる通り、贈賄罪として逮捕・起訴するには、現物の証拠品である当該5千万円の札束を押収するのが先ですよね。
押収したとしても、当該5千万円の札束が水谷建設からの「裏献金」であることを証明して、始めて、逮捕・起訴するのが、合法的な手順と言えるのでは、ありませんか? 
 ちなみに、検察様は、『当該5千万円は、小沢さんからの借入金4億円に含まれている』とおっしゃられていたようだが、【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】の通り、その4億円は、銀行からの融資金を、そのまま、又貸ししちゃったものなので、その銀行からの融資金の中に含まれている訳が無いんだよね。これが。(大笑) 
検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。 
◆◆◆【『虚偽記載』は不当であるとする根拠】 
◆◆【本事件の奇妙さ】 
 近頃、検察とマスコミの陰謀なのか、日本人の常に新しい情報に群がる習性のせいなのかは知りませんが、『虚偽記載』事件が忘れ去られようとしています。 
そこで、『虚偽記載』事件の知られざる真実の全てを、ここに記録しておくことにしました。 
 プロの会計士や弁護士等が、現金主義会計下で作成される収支報告書は、『現金・預金出納帳』を集約したものであるということに、今もって、気がついていない理由は、 
 『定期預金年末残高』 + 『現金と普通預金年末残高』= 『次年度繰越額』 
 という計算式に、『たどりついていない』、ことによります。
 結果、『法四条の解釈』とか、『期ずれ』と言うような不毛な論争になってしまいました。
 もし、これに気が付いていれば、『虚偽記載の起訴事実』や『検察審議会の議決理由』の全てが検察とマスコミの『デッチアゲ』であることが証明できた事でしょう。 
 それこそ、逮捕の段階で、『不当逮捕である』と逆提訴ができたのです。 
 今頃は、小沢首相が、官僚主導ではない、『国民が主役の政治』を実現していた事でしょう。 
 本事件の最も奇妙なことは、このことに言及しているのは、何故か、日本中で、私だけと言うことです。
本を出版されている方達には、これを認めると『本に書いたことがウソになる』等の理由で、無視していることは考えられますが、石川議員や小沢擁護派の人達までも、気が付く気配すら無いというのは腑に落ちません。 
 本稿を読んで頂ければ解かりますが、『現金・預金出納帳』は、公判で有利な材料となることはあっても、不利になるようなことは、絶対にありません。
 故に、安田弁護士等が、『現金・預金出納帳』の記録内容について、わざわざ、公判まで触れないでいる必要など、まったく無い、ハズなのです。 
◆◆【冤罪と断定する物的証拠】:(【豆知識01】参照)
 まず、『虚偽記載の起訴事実』や『検察審議会の議決理由』が検察とマスコミの『デッチアゲ』であるという証拠が、 
『現金・預金出納帳』 
 に全て記録されているということを覚えておいて下さい。 
 そして、収支報告書は、その『現金・預金出納帳』を集約したものにすぎないということも覚えておいて下さい。 
 従って、過去に「不記載」や「架空計上」等があれば、今日、現在の現金預金の手持ち有り高が『現金・預金出納帳』と相違することになることから、収支報告書においては、絶対に「不記載」や「架空計上」等は発生し得ないということも覚えておいて下さい。 
 それに、よく考えてみて下さい。収支報告書に「不記載」や「架空計上」等を恣意的にしたとしても、脱税や粉飾決算ができる訳でもなく、そんなことを、する意味が無いでしょう。 
 おっと、『「裏献金」は恣意的に「不記載」にするだろう』ってか。
 それは、【収賄容疑は不当であるとする根拠】に戻って、もう一度読んで下さい。
 それから、報道によれば、『虚偽記載』の起訴事実の中には、「裏献金」は入っていませんでした。何故か解かりませんが、「裏献金」については、起訴の時点になって、検察がマズイと気がついたのでしょうか、起訴事実の中から外しているのです。 
◆◆【4億円の収入が不記載】:(【豆知識04】参照)
 【2004年 収支報告書の記載内容】の通り、4億円の収入は、ちゃんと、記載されています。
【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】の通り、2004年10日29日午後、小澤一郎個人が銀行から融資(返済期限が2007年)を受けた4億円については、そのまま、陸山会に又貸ししたことが2004年の収支報告書に記載されており、2005年と2006年に、それぞれ2億円ずつ、小澤一郎個人に返済されていて、それを原資として、小澤一郎個人が、返済期限である2007年に銀行に返済しており、この件は、完結しています。 
 とすると、2004年の借入と2007年の返済の4億円の不記載の件は、『小澤一郎個人と銀行との取引』を、『小澤一郎個人と陸山会との取引』と言うように、検察が、話を『すり替えて』報道させていたようですね。 
 ちなみに、検察様のおっしゃる通りならば、2004年~2007年もの長期間に、『現金・預金出納帳』と実際のお金が4億円も相違したままで、しかも、『1円も使わないで持っていた』って事に、成っちゃったりする訳なんだな。これが。
でも、こんな起訴理由が、どうして、まかり通っちゃったワケ? (笑えない現実です) 
 検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。 
◆◆【土地代金が不記載と期ずれ】:(【豆知識02】【豆知識03】参照)
 政治資金管理団体は、土地の登記が出来ません。
 故に、2004年10月29日に仮登記をして、土地代金を支払ったのは、小澤一郎個人ですから、『現金・預金出納帳』に記載がある訳がありません。 
つまり、『期ずれ』の問題では無かったということです。 
 検察は、ここでも、『小沢さんと売主との取引』を、『陸山会と売主との取引』と言うように、話を『すり替えて』報道させていたようですね。 
 尚、地目変更、埋め立て、地ならし等の更地にするまでの工事を年内中に終えて2005年1月7日に小澤一郎個人で本登記をした後、「確認書」により、権利書と引換えに、小沢さんに土地代金相当額を支払ったことが『現金・預金出納帳』に記載されているハズです。 
 ただ、検察は、どこまでウソをついているのか解かりませんから、社会通念上、土地代金を支払う時期は、更地に成った後の、本登記後に支払うのが通例ですので、この場合には、2005年1月7日に、小沢さんに替わり、陸山会が直接に売主に支払っていることも考えられます。(「確認書」参照) 
 いずれにせよ、2004年に土地計上をするなんてことは、大間違いです。 
 ちなみに、『?を隠蔽するため本登記を恣意的に翌年に延ばした』などと、ワケの解からない、『検察審議会の議決理由』は、『ヤクザ屋さんの、いんねん』なんかよりも、『レベル』が低いよね。
 『脳みそ』が、腐ってんじゃないの。
 『一体、何という犯罪なのか言ってみろ!』 っつーーの!
 でも、こんな議決理由が、どうして、まかり通っちゃったワケ? (笑えない現実です) 
 検察審議会も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。 
 追:『幹事長を辞職したから、許して』などと、上申書を提出するとは、
『情けない!』 『弁護士達は、何やってんだ!』 
◆◆【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】
以下、登記の記録等を根拠とした私の推測したストーリーを述べます。
(『』内は、登記記録の内容より抜粋) 
(1)2004年10日5日
 『原因 平成16年10月5日売買予約』ということから、小澤一郎個人の定期預金を担保に銀行に4億円の融資申し込み(返済期限2007年)を行ったと推測します。
 (銀行への融資申し込みには、正当な理由が必要です。) 
(2)2004年10日29日午前中
 小澤一郎個人として土地代金の3億4200万円(推定)を支払った。
 (銀行の融資が降りるのが遅れたため、小沢さんの個人資金より支払う。)
 『登記の目的 所有権移転請求権仮登記 受付番号 平成16年10月29日 第77290号 権利者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で仮登記の受付をしたことが明らかです。 
(3)2004年10日29日午後
 小澤一郎個人に降りた使途を失った融資金4億円は、そのまま陸山会に貸し付けた。
 陸山会は、これを2億円の定期預金2本として組んだ。
 陸山会は、2004年の収支報告書に「(収入)借入金_小澤一郎 4億円」と「(負債)借入金_小澤一郎 4億円」と「(資産)預金等(定期預金を意味します) 4億円」を記載した。 
(4)2005年1月7日
 『登記の目的 所有権移転 受付番号 平成17年1月7日第695号 原因 平成17年1月7日売買 所有者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で本登記し、登記料・登記手数料等を業者に支払ったことが明らかです。
 土地利用権を陸山会に移譲する為、「確認書」を取り交わすと共に、陸山会は権利書と引換えに、土地代金及び登記料・登記手数料等相当額の3億4264万円を小澤一郎個人に支払った。
 陸山会は、土地代金相当額に登記料・登記手数料等の付随費用を加算した金額3億4264万円を取得原価として、2005年の収支報告書に「(支出)事務所費」と「(資産)土地」に記載した。 
(5)2005年中
 陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小澤一郎個人に返済した。
 陸山会は、2005年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。
 同時に「(支出) その他の経費」に2億円を記載した。 
(6)2006年中
 陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小澤一郎個人に返済した。
 陸山会は、2006年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。
 同時に「(支出) その他の経費」に2億円を記載した。 
(7)2007年中
 小澤一郎個人は、銀行の返済期限が到来したので、2005年と2006年に陸山会から返済を受けた4億円を原資として、銀行に返済した。これにより、定期預金の担保が取れて定期預金証書の返却を受けたので定期預金を解約した。 
 以上のストーリーが正しければ、2004年~2007年迄の収支報告書の内容は一点の曇りもなく、全て、完璧に、正しく記載されていたことになります。 
◆◆◆【豆知識集】
◆【豆知識01:現金・預金出納帳】
 『現金・預金出納帳』上の残高は、定期預金と普通預金の残高については、通帳及び銀行残高証明書により、確認されています。現金については、毎日若しくは週2~3回行われる現金実査(金種表のような現金実査票により現金の枚数を数えて帳簿上の残高と合っている事を確認する作業)により、「不記載」や「架空計上」等があれば、その場で、発覚します。 
◆【豆知識02:政治資金規正法第四条】
 政治資金規正法第四条の話をする前に、発生主義会計と現金主義会計の違いから、説明いたします。 
 そもそも発生主義会計は、継続企業を前提としているため、期間損益の平準化の要請から人為的に1会計期間に区切った損益を適正に按分計算するために必要な、現金の出入りを伴わない、未収金、未払金、経過勘定項目、引当金、減価償却費等の勘定科目を使用した会計を意味します。 
 これに比べて、現金主義会計は、現金の出入りが伴う会計事象に係る勘定科目のみを使用した会計を意味します。従って、仮払金、仮受金、立替金、預り金、前払金、前受金等も、こちらに該当します。 
 従って、土地代金の支払いが、仮払金であろうと、立替金であろうと、もともと、現金主義会計下での会計事象でありますから、収支報告書の「支出」には、ちゃんと、記載されています。 
  つまり、政治資金規正法第四条の解釈は、無用ということです。 
 プロの会計士等が、勘違いしてしまったのは、土地代金が2004年に支払われているから、2004年に支出として計上すべきという根拠が、発生主義だと思われた点でしょうね。(もっとも、支払ったのは小澤一郎個人であって、陸山会では無いのですが。) 
 それ故、政治資金規正法第四条の解釈上の論争となり、『支出は2004年に計上すべきであるが、土地の計上は翌年でよい』などと、とんでもなく、間違った意見を述べ合ってしまったのだと思います。 
 まだ、納得のいかない諸君は、【2005年 収支報告書の記載内容】を見て下さい。
「事務所費 415,254,243円」と「(土地)世田谷区 342,640,000円」と記載されている通り、『支出』と『土地』は、同時計上されています。
 このように、例えば、土地の取得原価が確定していない等の理由で、仮払金として会計処理した場合においても、『資産』である「仮払金」は、記載不要項目なので、収支報告書への記載は無くなりますが、『支出』である「事務所費 415,254,243円」の計上は変わりなく、ちゃんと、記載されています。 
◆【豆知識03:陸山会の正しい土地の計上時期】
 陸山会は、法人税法用語で『人格のない社団等』に該当します。
 まず、この意味から説明します。『人格のない社団等』とは、文字通り法律上の人格を持たないということです。法律上の人格を持っていれば、法務局に法人登記(人間で言う出生届)をします。同時に実印登録を行います。これにより、印鑑証明書が必要な土地取引や土地登記等を行える権利を法人自体がもてるということに成ります。
   つまり、一言で言うと、 
   『陸山会は、土地の登記ができない社団である』 
 従って、陸山会代表としての小沢一郎では、2004年中には、当該土地取引は出来なかったということになります。 
 尚、本登記が2ヶ月余り遅れたのは、当該土地が農地であった為、農地転用の手続き期間(農業委員会は1,2ヶ月に一度だから)が必要であった為と、埋め立て工事、地ならし工事等を経て、更地にしてから引き渡しをするという、社会通念上の、土地の引き渡し要件を満たす為であった、と考えられます。 
 そして、2005年1月7日に小澤一郎個人として本登記すると共に登記料・登記手数料等(等の中には、農地転用費用・不動産取得税などの更地にするまでの一切の費用が含まれます)を業者に支払い、この時点で当該土地は小澤一郎個人のものとなりました。 
 さて、今度は小澤一郎個人から陸山会代表としての小沢一郎へ当該土地の譲渡をしようにも方法はありませんから、権利書と交換で、当該土地の利用権を譲渡した場合と同等の意味をもつ「確認書」を取り交わしましょう、ということになります。 
 「確認書」により、登記上の移動があるわけではありませんから、不動産取得税は関係ありませんが、『現金・預金出納帳』に記載されている通り、実際に陸山会から小澤一郎個人に3億4264万円の支払いという実態がありますから、民法上は売買としてみなされることとなります。 
 以上のことから、2005年の収支報告書に当該土地が記載されているのは当然であり、むしろ、2005年の方が、正しい会計処理であった、と言うことであります。 
◆【豆知識04:検察リークによるマスコミの悪質な情報の捏造】
 以前、小沢さんは不明朗な27億円を現金で持っていたなどという記事が報道されたことがありましたが、その27億円の金額は『4億円と5億円が3回出入りした』として、検察が勝手に捏造して報道させたものでした。さすがに、検察も起訴理由にしたのは、4億円の出入りの8億円だけで、あとの19億円は預かり金であるとして問題としませんでした。 
 で、その5億円は、何のお金を指しているのか解かりますか? 
 検察に代わって説明するのも変ですが、銀行の融資には、実行率というのがあって、通常80%程度なので、5億円の定期預金を担保にして、4億円の借入ができるのです。たぶん、この5億円を指しているのではないでしょうか。 
 また、小澤一郎個人名義の5億円の定期預金を担保に銀行から4億円を借入して、陸山会に又貸しするという、何故こんなややこしいことをするのかと言うと、陸山会では4億円の融資枠が無いため借入ができず、小澤一郎個人名義の定期預金を担保として小澤一郎個人名義で借入するしか方法が無かったのではないかと考えられます。 
 それに、この方法なら、陸山会にマタ貸しすることにより、陸山会が直接銀行から借入したのと同等の効果がありますからね。
同等の効果というのは、例えば、金利の計算・管理などは銀行がやってくれるので、毎月、小沢さんが銀行に支払った金利相当額を、陸山会は小沢さんに支払うだけなので、金利計算等の煩わしい事務処理が省けるということです。 
 とすると、【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】をもう一度見てほしいのですが、検察の起訴理由の2004年の4億円の収入の不記載と2007年の4億円の返済の不記載というのは、小澤一郎個人と銀行との間のお金の動きのことを指しているのだと言うことが解かります。 
 このように、検察の『デッチアゲ』の手口は、『小澤一郎個人と銀行との取引』を、『小澤一郎個人と陸山会との取引』というように、うまく、話を『すり替えて』、マスコミに報道させるという、卑劣極まりない所業なのであります。 
◆◆◆【資料集】 
◆【登記記録】
順位番号   4
登記の目的 所有権移転請求権仮登記
受付番号   平成16年10月29日 第77290号
原因      平成16年10月5日売買予約
権利者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎 
登記の目的  所有権移転
受付番号   平成17年1月7日第695号  
原因     平成17年1月7日売買
所有者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎 
◆【確認書】
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-2327.html 

◆【現金と普通預金の年末残高の計算式】
前年繰越額+本年収入額-支出総額=次年度繰越額
次年度繰越額-預金等(定期預金を意味する)=現金・普通預金繰越額 
【2004年の収支報告書より】
151,229,466+580,024,645-121,202,731=610,051,380
610,051,380-471,500,000=138,551,380
【2005年の収支報告書より】
610,051,380+339,099,635-679,964,189=269,186,826
269,186,826-256,500,000=12,686,826
【2006年の収支報告書より】
269,186,826+134,586,054-325,390,217=78,382,663
78,382,663-56,500,000=21,882,663
【2007年の収支報告書より】
78,382,663+103,854,350-115,060,981=67,176,032
67,176,032-56,500,000=10,676,032 
◆【2004年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 151,229,466
寄付 政治団体分 157,100,000
借入金 小澤一郎 400,000,000
【支出】
事務所費  38,355,343
【資産】
預金等(定期預金) 471,500,000
【負債】
借入金 小澤一郎 491,478,41
◆【2005年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 610,051,380
寄付 政治団体分 309,060,000
【支出】
事務所費 415,254,243
その他の経費 239,702,734
【資産】
預金等(定期預金) 256,500,000
(土地)世田谷区 342,640,000 17.1.7 476㎡
【負債】
借入金 小澤一郎 263,939,06
◆【収支報告書のありか】 
2004年_平成16年分政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047155.pdf#page=162 
2005年_平成17年分政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047150.pdf#page=164 
2006年_平成18年分以降の政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
【検索方法】
平成19年 9月14日公表(平成18年分 定期公表)」 (希望年度の定期公表を選択)
→資金管理団体の「リ」を選択→陸山会を選択  
以上により、検察審査会が今後出すであろう結論が起訴相当であったら、検察は困るだろうなと思います。(国策捜査は、村木厚子さん、鈴木宗男さんのことも含め、もう出来ないね、また、記者クラブも解散だろうな)

  • Posted by seigino-mikata
  • at 2010/09/15 09:29:15

 不正融資をおこなうとどうなるんですか。
わざわざおこなうひとがいるんじゃないですか。
刑期は短くてすむんですか。

  • Posted by まるはのおんな
  • at 2011/01/25 05:28:20

小沢さんを次期首相にしたいと言う希望が多そうですが私もそう思います。菅さんは実行力がなく、意見もころころ変わる。官僚を使いこなすには小沢さんが最高だと思います。

  • Posted by 辻野 昌治
  • at 2011/02/03 17:49:08

ほぼ私の考えと一致していると思う。管直人は民主党支持者を裏切るようなことばかりしており、解散総選挙するべきだと思う。

  • Posted by 飯野源一郎
  • at 2011/02/03 19:17:26

 意外にパソコン空白地帯つまり、ご年配やパソコンに不慣れな方々の情報が漏れており偏ったデータと思われます。無作為に抽出したデータ等の結果が欲しい。
 したがって、このデータは参考にならない。


エレログ(地方版)TOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

Powered by i-HIVE inc., 2004 - 2006. このサイトは、コミュニケーションブログ コムログ ( ビジネスブログ )を利用して運用されております。